↓バックナンバー↓

びおら編
だいく編
衣装編
カノン編
運搬編
指揮講習会編
せいほん編
手酌酒編
古い毛編
小さな音楽家編


ティコ(25歳・会社員)

ボヘミア地方(チェコ西部)の小さな町の出身。
町の古びた天文台の館長をしている祖父に影響され、
自ら望遠鏡を設計し、いつか祖父に使ってもらいたいと夢見ている。

大学時代に日本製の望遠鏡の精密さに感動し、卒業と同時に単身来日。
大府市内の光学機器メーカーに就職し、ただ今修行中。

バイオリンは小中学生の頃に音楽学校を出ている叔母に習っていたが、
高校から地元を離れたため、疎遠になってしまっていた。
しかし、就職してからは懐かしくなったことと、
日本のお友達をたくさん作りたかったという理由もあり、
気軽に仲間になれるアマチュアのオーケストラをネットで探したところ、
市内にも団体があったことに嬉しくなり、早速大府オケに入団した。

大府オケは彼のようにブランクが長い人も多いし、
会社員で普段は忙しい人も多いので、環境はみんな同じ。
お互い励ましながら、和気あいあいと練習している。
チェコ人らしく、練習後のビールも大好き。

そんな活力が彼のモチベーションを上げており、
昔の感覚も徐々に取り戻してきているみたいだ。



マリ(20歳・学生)

隣町から大府市内の大学に通学している女子大生。
ドイツ系エンジニアの父とロシア系の母を持つハーフだが、
ティコと違い生粋の日本人なので日本語は流暢。

日本の文化が大好きな両親に影響され、
空手は黒帯を所持し、県大会にも出場している体育会系女子。
ある日、大学の先輩が出場するマラソン大会の応援後、
帰りにふらっと立ち寄ったのが大府オケの演奏会。

そこで、両親の国の文化に逆に興味をもち、
クラシック音楽に目覚め、さっそくチェロを始めた。

練習を始めて半年、再び大府オケの定期演奏会を聞きに行き、
アンケートに「初心者でも入団できますか?」と書いてみたところ、
大歓迎を受け、演奏会参加費の学生割引もあると聞いてそのまま入団。

正直、足手まといになるかという不安も彼女のなかにあったが、
大府オケは初心者の方も多く、それぞれの目標を掲げて取り組んでいる。
そんな人たちと出あって、初心者だからという不安は一瞬にしてなくなった。

ただいま、人生初の演奏会に向けて頑張っている。
目標は、とにかく『落ちない(=どこ演奏しているかを見失わない)』こと。

大府オケTOP